隆鼻注射の方法

鼻を高くするための方法として、プロテーゼと呼ばれる人口軟骨を鼻筋に挿入するという方法があります。プロテーゼを挿入する方法は残念ながら最悪の場合には鼻先の部分の皮膚を突き破りプロテーゼが体外に飛び出してしまう危険性があるといわれています。そうしたトラブルのない安全な隆鼻方法として注目されているのがヒアルロン酸を注入して鼻筋を通す方法です。手術に際しては、まずはどんな形を望むかを事前にきちんとカウンセリングによって決めてゆきます。

最初にヒアルロン酸を注入する部分にマークをつける作業を行います。そしていくらメスを使わない方法だとしてもヒアルロン酸を注射するに当たって感じる痛みを最小限にするために、その後実際に注入する部分に麻酔を注射します。そしてその後鼻の付け根部分から鼻筋、そして鼻先部分にいたるまで、全体のバランスを見ながら少しずつヒアルロン酸を注入してゆきます。一度に大量に注入したりすると後で影響が出る可能性もあるので、様子を見ながら希望の鼻筋のバランスになるように注入する量を調整しながら行います。

注入の際の痛みの感じ方は個人差があるようですが、全く痛みを感じないということではないにしても、我慢するのがかなりつらいくらい強い痛みを感じるという人は少ないようです。